[PR]

睡眠不足の脳への影響

ニュースや新聞などでも話題になりましたが、6カ国の先進国で平均の寝ている時間を調査した結果、日本人の寝ている時間の平均は最も短い6時間22分という結果が出ました。

睡眠不足でいる事が慢性化しているという事についてそれほど大きな危機感を感じていない人が多いと思いますが、しかし睡眠不足になると脳には色々な影響が出てくるのです。睡眠不足が脳に影響する会では睡眠不足がどのような影響を与えるか、また注意点などをお知らせていきます。

眠っている間、人は体や脳を休ませています。この一見休んでいる状態の時も脳の中では様々な働きを行っているという事が近年の目覚ましい医学や機器の進歩でわかってきました。

世界で特に権威がある学術雑誌の一つ「サイエンス」でも発表された研究で脳細胞内の修復や老廃物の排出を洗い流し排出するという機能が、深く眠っている時に最も活発に働くことを発見したという記事が掲載されました。

つまり睡眠不足では老廃物を流し出す機能が正常に機能しないので影響があるということになります。寝ている間は細胞の修復や損傷してしまった細胞の排出を行っているのですが、それが睡眠不足になるとその機能を妨げてしまうので影響がでてくると考えられます。

睡眠不足が長く続いた状態になると機能が低下したり、脳卒中などの病気の危険が高まるという事です。

この老廃物の中に、アルツハイマー病の発症につながるとされているアミロイドベータというタンパク質も含まれていて、これらの物質も老廃物して蓄積されてしまうことになるのですが、睡眠不足が続いた場合にアルツハイマーの発症の危険性もあるということになります。

その他の研究でも睡眠不足が影響するという結果は出ていて、例えば睡眠不足の時には非常に疲労が溜まっている状態と同じ働き方しか出来ていないという結果や17時間起き続けた場合の働きは、ほろ酔い状態と同じ程度にまで機能の働きが下がるのなどの研究結果が報告されています。

また、睡眠不足の時に集中力の低下や反応力の低下、記憶力の低下などがあります。この現象は、多くの人が経験している現象でしょう。

この現象も睡眠不足が脳に影響を与えているという事がわかる事例です。また人は寝ている間、特にレム睡眠の状態の時に記憶の整理を行なっています。睡眠不足になると、記憶の整理ができなくなりその影響が出ての記憶力が低下してしまうのです。

他にも睡眠不足はいくら食べても満腹にならない、いつもお腹が空いているなどの普通では起こり得ない状況を引き起こす事があります。これも睡眠不足による脳への悪い作用だと考えられています。

身近で分かりやすい事例としえあげると睡眠不足が脳に与える影響として、やる気が起きない、机の上が片付かない、普段怒らないような事にもイライラしてしまうなどの症状があります。

睡眠不足が続くと日中に頭がすっきりとせずに注意力が落ちたり、思考能力が低下したりすることが実体験として多くの人が分かりやすい睡眠不足が脳に作用しているという身近な経験になっている事でしょう。

ですから文献などを参考にしなくても睡眠不足は脳には良くないことだと多くの人が感じることが出来ます。日本の成人の理想の睡眠時間は7時間程度だと言われています。

しかし調査の結果でもわかったように寝る時間がとれずに睡眠不足のまま、仕事を続けたり脳を十分に休ます事が出来ないまま働いている人がほとんどです。このような状態を続けていると悪い影響が出ない訳がありません。

眠らないでいると人はどうなるのかをご存知ですか?数年前に人はでどれくらい眠らないでいれるのかという大会が行われました。ギネスブックにも記載されています。ですが、それ以降その大会は中止されて開催されていません。

何故 開催されていないかという理由ですが、その時に参加した人の中で幻覚症状を訴える人、錯乱状態になる人などが出てしまい、ずっと眠らないでいると命に危険が及ぶ可能性があるといことになり、中止されているのです。

眠らない事で脳の細胞が破壊されたのでこのような症状が起こったと考えられています。睡眠不足による居眠り運転が引き起こす自動車事故も連日のニュースでの報道が後を絶ちません。居眠り運転は尊い命をも奪ってしまう大惨事になります。睡眠不足によって自分だけではなく他の人を巻き込んでしまう危険もあります。

運転事故だけではなく、機械などを取り扱っている場合や火を薬品を扱っている場合睡眠不足でウトウトしてしまった事が原因で火災や事故になったケースもあります。

睡眠不足が脳に及ぼす影響についてご理解いただけたと思います。この結果を踏まえて忙しい現代社会ですが自分の為に、また周りの人の為にも必要な睡眠をとるように心がける事が望ましいでしょう。


お薦めサイト一覧

椎間板ヘルニアでお悩みの方は腰椎椎間板ヘルニア119番がお薦めです。

頚椎ヘルニアで悩んでいる方は頚椎ヘルニア専門サイトを一度ご覧ください。

ブロック注射について詳しく知りたい方はブロック注射119番がお薦めです。

脊柱管狭窄症でお困りの方は腰部脊柱管狭窄症NAVIがお薦めです。

おすすめの血糖値測定器はこちらから。

分離症を早く治したい方はこちらのサイトがお勧めです。

新着情報

 2017年01月26日:TOP
 2016年12月09日:腰椎すべり症と手術
 2016年12月07日:規則正しい睡眠