睡眠不足が脳に影響する会 » 第4腰椎分離症とは

第4腰椎分離症とは

第4腰椎分離症はそのほとんどが変性分離症です。まず、この第4腰椎分離症は、椎骨が前のほうに分離した状態です。

また、腰椎には変性、および分離すべり症がありますが、どちらも変性が起きることで発症する病態です。症状としては腰の痛みが主なものです。しかし坐骨神経痛や歩くこともままならなくなるような間欠性跛行に進むことも多いとされています。

腰、臀部などが重苦しかったり、だるさを覚えたりという痛みが特徴ですが、腰痛の原因になるような激しい運動や仕事などをした場合にはかなり痛みが出ますが、安静にしていれば痛みが軽減されることも多いようです。

分離症は腰椎の関節突起の部分に離れがみられる状態です。また、成長期における疲労骨折が主な原因である場合も多いため、過度のスポーツなどを控えさえすれば発症を避けることができるとも言われています。

第4腰椎分離症の好発部位は第四腰椎ですが、分離からくる場合のように椎弓が分離することはありません。

また放っておくと脊柱管狭窄症に進行するケースが多く、腰痛やその他の症状は顕著になります。腰椎分離症の症状は女性の高齢者が多く発症しますが、坐骨神経痛や間欠性跛行が現われることがあります。

そしてまた椎間関節が弱い人に起こりやすいとされています。一方の分離すべり症の好発部位は第五腰椎です。椎弓の分離と椎体のすべりがあり、若い自分では症状が無い場合でも、中高年になってから腰痛が出たりすることが多く、また坐骨神経痛や間欠性跛行の症状も現れやすいようです。

治療方法としてまずコルセットや鎮痛剤、またはブロック注射等の保存療法が試されますが、一定期間を経ても効き目がなかったり、生活や仕事にまで支障をきたすようになれば、手術する方も多いようです。

手術は固定術が主になります。骨盤からの骨の移植をしたり、人口の骨を用いたり、場合によっては金属などを用いて固定(インストルメンテーション)します。