睡眠不足が脳に影響する会 » 胃炎を鍼灸で解消する

胃炎を鍼灸で解消する

胃炎は投薬治療の結果出ることも多いですが、誰にとってもいやなものです。胃炎とは胃の粘膜が萎縮し、胃酸の分泌がおかしくなったり、粘液の生産力が低下することで、粘膜をガードする機能が弱くなった状態です。

よくある原因が暴飲暴食やアルコール摂取の過多、噛み合わせの悪化などですが、まず急性の胃炎になり、その後だんだんと慢性に移行します。その他には癌、胃潰瘍などの疾患に伴うものも考えられます。

慢性胃炎には、肥厚性のものと萎縮性のものがあります。肥厚性胃炎とは胃の粘膜が肥厚することで胃の活動が活発になり、胃酸が過多になると胸焼けやゲップなどをもよおしますが、食欲のほうは正常かあるいは増すこともあります。

これに対して萎縮性胃炎では粘膜が狭小状態になりますので、食欲は減退し、胃の膨満感や貧血、また下痢の症状などを起こします。

鍼灸における胃炎の治療は、まず内臓の機能低下に大きく関わる自律神経の不調を正すことを試行します。胃酸が過多な場合は上不容や膈兪、陽陵泉などのツボを、また逆の場合は章門や肝兪、肺兪が効果的です。

慢性の場合は治療は即座にはすみません。またホームケアとして効果のあるツボに灸をすえることを勧める場合が多くあります。

その他、日常生活の改善法、予防法としては、食事への注意が不可欠です。咀嚼をよくするためには場合によっては歯科治療が必要だったり、矯正治療、姿勢の矯正なども大切です。

カロリーが豊富な柔らかい食べ物を摂取し、暴飲暴食を避けること、甘いものをたくさん摂り過ぎないようにすることも大切です。また病院では投薬療法として消化性潰瘍薬や向精神薬などを用います。

胃の不調はすぐに顔に現れます。忙しい方は特に、普段から自分の顔に気をつけておくことが大切です。よく胃炎を起こす場合は、予防策として鍼灸にかかるのもよい対応策です。

食事をいくら考えても改善しない、疲れからきているのだろうか?など、人によって原因も症状も様々です。