睡眠不足が脳に影響する会 » カイロプラクティックとぎっくり腰

カイロプラクティックとぎっくり腰

腰の痛みにも様々ですが、我慢できる範囲のちょっとした腰痛もあれば、これだけは勘弁してほしい、と誰もがうなってしまうのがぎっくり腰です。

重いものを持ち上げた瞬間、何か軽い物を拾い上げようとした時、朝歯を磨いてちょっと腰をかがめた時、車から降りようと腰を捻ったとき、くしゃみや咳をした時など、様々な状況で起こる可能性がありますが、ほとんどが何気ない瞬間に起こるため、そのショックもかなりのものだった、と語る方も少なくありません。

また治療ではまず病院でしっかり検査を受けることが大切です。レントゲン写真を撮ったり、他には例えば椎間板に異常がないかどうかはMRIを撮ることが必要ですし、内臓疾患からくる場合も考えられます。

そして検査の結果として特に異常がない、というケースは痛み止めを貰ったり、あるいは日常的なケア方法をちょっとアドバイスされる程度で病院では経過観察扱いとなるのが常ですが、その後の治療はどうするか、ここで登場するのがカイロプラクティックなどの民間療法です。

日本では整体や接骨、鍼灸やマッサージなどが有名ですが、最近はカイロプラクティックを利用する方も多いようです。

腰の痛みの原因は、睡眠の間や仕事での長時間の姿勢の維持などが原因で腰椎が動かなくなってしまい、このままの状態で急激に動かそうとすることです。

このことから、カイロプラクティックでは緩んでしまった骨盤の関節や腰の椎間関節を締めるための矯正をしたり、急性の痛みとともに炎症を起こしている背筋のアイシング、他には攣縮を起こしている腸腰筋の調整などを主に施術します。

誰かに身体を支えられたままでカイロプラクティックに訪れたり、1人で歩いてくるような方も多いようですが、カイロプラクティックでしっかりと治療を受ける事によって即効的に改善する場合も多く、1人で靴の紐が結べるまでに回復された方も喜んで帰るそうです。

ただ炎症が鎮まるためには時間がかかりますので、カイロプラクティックの施術後もしばらく安静をとることが大切です。

良い中古車店を見つける方法とそのチェックポイントをご紹介