睡眠不足が脳に影響する会 » 冷え性を治す

冷え性を治す

冷え性といえば女性の症状、というイメージが先行しますが、最近は男性にも冷え性の方が増えているようです。また冷え性は何故起こるのでしょうか?疑問に思う方も多いと思います。

例えば痩せ型だと冷えは起こる、脂肪分が少ないために骨も筋肉も冷えやすい、と考える方もいらっしゃいますが、肥満の方でも冷え性の方は多いようです。

また夏でも寒いようなエアコンが過度に効いている部屋にいるのはよくない、とよく言われます。季節感がとても薄い現代では、熱い季節だからといって必要以上に寒くしたり、また冬場でも必要以上に汗をかいているような状況も多くあります。

夏場に冷していると、汗が出にくくなります。このことで不純物が多くたまるようになり、便秘になります。代謝も停滞しますので、結局は冷え性が起こりやすくなります。

冬場に冷え性を改善しようとしてカイロなどで温めてみても、なかなか温まりません。これは、冷えている原因が手や足ではなく、実は内臓が冷えていることが原因です。

冷たいジュースを飲めば当然内臓が冷えます。また内蔵が冷えると自然に内臓に血が集まってきますので、手足にはますます冷えが強まります。

整体ではこの内臓の冷えに対して、骨盤の歪みをチェックして歪みがあれば矯正します。また腹部の筋肉も弱っている場合がほとんどです。弱ってくると固まります。この筋肉を緩めてから、他の冷えが影響している筋肉を調整します。

もう1つの課題は体質です。つまり栄養不足や睡眠不足、ストレスも冷え性に直接影響しますので、体質改善のために様々な状況をチェックし、ケアのためのアドバイスをすることも欠かせません。

膝が冷える方もいらっしゃいます。特に冬場は膝の冷えはよくありません。屋内ではひざ掛けを用いたり、湿布や膝用のサポーターなどがお勧めです。

冷え性改善は妊婦さんのケアとしても大切です。多くの方は鍼灸で改善されていますが、整体を兼ねているところで矯正を受けるのもよい方法です。