睡眠不足が脳に影響する会 » 痛みを緩和する食事

痛みを緩和する食事

頚椎ヘルニアの治療期間は食事にも出来るだけ細心の注意を払うようにして下さい。頚椎ヘルニアの治療中やリハビリ期間中に大事になってくるのは骨や血液に良いとされる食べ物や、油分や脂肪分などのコレステロールや高カロリーな物を摂取しすぎない事を心がけることです。

頚椎ヘルニアで良くあるのが、高カロリーや脂肪分が多い物を食べた次の日には患部の痛みが増し、1日中ずっと治まらず痛いままという症状を実際に感じているリハビリ中の方もいます。

頚椎ヘルニアの治療中の食事には十分に気を使い、魚や野菜を中心に摂取するよう心がけ、果物なども体には良い栄養分が揃っているので効果的と言えるでしょう。

体に効果的とされる中でもコラーゲンやコンドロイチン、グルコサミン、ビタミン、食物繊維、ミネラルなどの成分が豊富に含まれている食材を使った料理は体に良い影響を与えます。

頚椎ヘルニアによって損傷した骨や筋を改善と修復するために必要な成分含まれている食材を積極的に摂取することが大切です。

頚椎ヘルニアの改善には食べるものに気をつけることで、体の内側から治療を行うことが可能になり他の治療の効果を得やすい体内へと導いてくれます。

鳥の皮や魚の皮などにはコラーゲンなどが豊富に含まれており、軽度なヘルニアの場合にはよく病院で処方されることもあるビタミンB12の成分はしじみやあさり、イクラなどの海の幸に豊富に含まれています。

他にも血行促進のために体を内側から温める効果があるとされる食材などを積極的に摂るするようにすると良いでしょう。

これらのように体に良いとされる成分を含んでいて痛みなど頚椎ヘルニア症状の緩和に作用がある食材を日頃の食事に取り入れてみて下さい。

塩分の強い食べ物の過剰摂取やエネルギーの取り過ぎも、せっかく摂取した栄養素を壊してしまうので出来るだけ避けるようにし、健康的な体作りを考えたバランスの良い食事にすることで内側から異常を整えていき、症状が起こりにくい体へと変化させていきましょう。