睡眠不足が脳に影響する会 » 効果的な利用と副作用

効果的な利用と副作用

恒常的な腰痛の症状が出る椎間板ヘルニアの治療として、鎮痛効果を期待した神経ブロック注射が使用されることがあります。神経ブロック注射にはその症状に合わせて様々な種類のものがあります。

腰痛という点に着目すると、もちいられる多くは硬膜外ブロック注射となっています。この硬膜外ブロック注射はいわゆる局所麻酔薬を使用しますので、痛みを伝える役割をしている神経の働き自体を直接麻痺させてブロックすることで、痛みを取り除くというメカニズムになっています。

このようなことから、神経ブロック注射は一時的な麻酔の効果しか得られないように考えられがちですが、神経ブロック注射を用いる狙いとして即効性の鎮痛効果はもちろんですが、さらに期待できるものがあります。

実は身体が痛みを感じている状態というのは身体自体がリラックスを出来ず筋肉がこわばってしまうことや、血行が阻害されているということが起こっています。

そしてそれらの状況がまた神経に負担をかけ、痛みが増強されていくという悪循環に陥っています。そこで神経ブロック注射に、この悪循環を改善する効果を狙っています。一時的とはいえ身体が痛みを感じなくなることで、緊張状態にあった筋肉がほぐされ、血行が良くなります。

こうすることにより本来人間の身体が持っている自然治癒能力を活性化させることも出来ます。このことから神経ブロック注射を何度か続けることにより元々の痛みの原因となっていた部位の状態が段々と良くなっていくという根治のプロセスも見えてきます。

神経ブロック注射自体に肉体的な負担は殆どないため、安心して行うことが出来るのも利点の一つです。以上のことから神経ブロック注射は腰痛において非常に有効な治療法です。

その他の腰痛治療と上手く組み合わせて、健康な身体にして行くことが理想です。