睡眠不足が脳に影響する会 » 左変形性膝関節症はどんな病気?

左変形性膝関節症はどんな病気?

変形性膝関節症は、老化による膝関節の機能低下や事故や他の病気による外的要因によって発症します。

膝が動くたびに軟骨が削れていって、通常が触れることの無い膝関節の骨と骨とが触れるようになり少しずつ骨が削れて生きます。これによって激しい痛みが出たり、水が溜まるなどの症状が出始め、歩くことが困難になっていきます。

この病気は出来る位置によって名称が変わり、左膝なら左変形性膝関節症、右膝なら右変形性膝関節症、両方同時なら両変形性膝関節症といった具合に分けられますが、症状的にはまったく変わりません。

左右どちらかに出た場合気をつけなければならないのが、もう片方のひざに発症しないようにするということです。

片方の脚に変形性膝関節症が発症した場合、軟骨や骨が削れることによって骨の形が変わり左右で長さが変わってしまいます。

このことは身体のバランス上非常に悪く病気になっている脚をかばうあまり右側ばかりに多くの負荷をかけることにも繋がり、その結果、健康な脚も痛みを発するようになるのです。両足に症状が表れた場合日常生活を送るのはさらに困難になってしまいます。

出来る限り片足にのみ症状が出ているうちに治療することが出来れば治療期間も短くなる上、変形性膝関節症のリハビリなどに用いられる運動療法は予防にも効果的なので、健康な脚も同じように運動療法を行えばさらに掛かり辛くなります。

変形性膝関節症は初期症状が分かりにくいため、治療が遅れてしまう危険が高いことでも有名です。

なるべく早めに発見するためにも膝に違和感が出たら早めに病院に行くようにしたり、年に一回は病院に行って定期的に検査してもらうようにしたり、早めに病気を発見するための環境づくりを行ったり、予防のために毎日運動を行ったりと、健康的に日々を過ごすための努力を怠らないようにしましょう。