睡眠不足が脳に影響する会 » 水虫を予防する方法

水虫を予防する方法

足の指が痒くなる、といえば、ほとんどが水虫の症状です。これは、白癬菌が皮膚で繁殖している状態、と言えます。また痒くなくてもこの白癬菌は皮膚で繁殖を繰り返しているのが常です。

春から夏にかけて、オフィスで仕事される方にとって、水虫は大敵と言えます。湿気を好む白癬菌が特に繁殖し、足の皮膚ばかりではなく、いたるところに存在するようになります。バスマット、サウナ、プールや銭湯などはその代表で、若い方でも多くかかってしまう原因と言えます。

またこのような形で足の健康を損なっているのは男性が多いと思われがちですが、清潔にするように気を配っている女性でも最近は健康を損なってしまう方が増えています。

昔は外出することも少なかったのに、長時間働くことが多くなり、食事なども男性と同じようなものを好むようになって、どんどん健康状態を損なってしまっている人は増えているそうです。

このように水虫は現代に生きるすべての方にとって健康不安の種と言えます。1シーズン痒みがあったけれども、強力な薬を塗っていたら冬までには解消され、次の年になっても健康状態が維持されている、という方もいらっしゃいますが、いつどのようなきっかけで再発しないとも限りません。

また女性特有の健康障害とも言えるのが、爪の水虫です。爪の場合は症状が進めば痛みも出てしまい、処置の仕方を間違えると爪も減ってきてしまいますし、色々なところで菌を発散させてしまいがちです。

始めのうちは爪がちょっと白い部分を持ってきた、という程度でも、だんだんと爪が割れたり、濁ってきて、歩くこともできなくなり、処置にも長い時間がかかってしまいますので、できるだけ早く病院で診てもらうようにすべきです。

水虫は誰でも罹りやすいものですが、一度治ってもまた罹る確率も相当に高いと言えます。白癬菌は掻いて剥がれ落ちても、その中で生き続けますので、掃除などにも気を使わなければなりません。

また、特に夏場は、どこかへ行く時、かならず清潔な靴下を履いて、絶対に脱がないようにするなど、健康を保つために様々な工夫が必要です。