睡眠不足が脳に影響する会 » 口呼吸の矯正方法

口呼吸の矯正方法

車を運転していて、赤信号で信号待ちをしているとき何気なく横断歩道を歩いている人を見ていて気が付くのが、口を開けて歩いている人が多いことです。私が女性だからなのか、特に若い女性に多いような気がするのです。

日本人は歯が出ている人が多いと言われますが、そのせいで口が閉まらないのかとにかく口を開けて歩いている若い人が多いです。

「みっともないから口を閉じなさい」と言われました。 今の親は子供に注意をしないのでしょうか、年配の方は口を開けて歩いている人はあまり見かけないように思います。

ご自分のお子さんが口を開けて歩いているのを見て気にならないのでしょうか。口を開けて歩いているということは、口呼吸をしているということになります。

口で息ををしているということはウイルスなどが入りやすく、風邪などが引きやすいということになりいいことはありません。見た目もだらしない感じに見えて、せっかくの美人も台無しです。

口が開いているのは顎や顔のバランスからくるものもあれば、鼻炎などの鼻に問題がある場合などもあります。

耳鼻科に行って鼻に問題がなければ顔や背中のバランス、顎などに問題があるのかもしれません。思い当たる方は整体に行ってみるとよいでしょう。 子供の頃に気が付いて治せば治療もそれほど長い期間はかからないはずです。

整体では体のバランスを整えることで、口が開いてしまうなどの、知らず知らずやってしまっている癖のようなものも矯正できる場合があります。口が開いていたり、噛み合わせが悪かったすると身体に力が入りません。

整体で体のバランスを整え、歪みを治すことで上記のような癖も治るかもしれません。 物を持ち上げるときに力を入れると思いますが、口を閉じて奥歯に力を入れて持ち上げますよね。

しかし、歯並びが悪いと思った以上に力が入らず、ギックリ腰になったり、背中を痛めたりと大変なことになりかねません。 そうなる前に整体に行っていれば腰や背中を痛めることもありません。

普段、口で息をしているとで口を開けっ放しにしているせいで、歯並びが悪くなっていることに気が付かなかったり、別に病気ではないのだからとそのままにしている方が多いと思います。一度整体でチェックしていただいてはいかがでしょう。