睡眠不足が脳に影響する会 » 快眠グッズについて

快眠グッズについて

不眠症や、日中に強烈な睡魔に襲われるなどの睡眠障害の人が増えています。特別な人が睡眠障害になる訳ではなく、忙しくなったり生活のリズムが乱れたりすると誰でも成りえる障害です。

そうなる前に快眠出来る道具を利用してみましょう。最近では、この眠るという事に注目が集まっているので色々な快眠する為の道具が開発されています。心地良く眠るには環境が大事です。

住宅環境の都合で明るかったり騒音があったりしていると眠りたいのになかなか寝付けなかったり、眠っても途中で目覚めてしまったりと心地良く眠る事が出来ません。そんな時には耳栓とアイマスクをつけて眠ってみましょう。

最近は耳栓やアイマスクも進化していて大手の有名な会社も開発、販売をしています。明るすぎて眠れなかったり目をしっかり休めたい時にはアイマスクは重宝します。また寝ている時に鼻が詰まって息苦しい時がありますね。息苦しくて良く眠れないなどの時には鼻孔拡張テープを使用してみましょう。

これは鼻腔を広げて呼吸をしやすくしますし、いびきの防止にもなります。いびきがうるさいと家族に迷惑がられてしまいます。家族の為にもいびきが防止できる道具を利用してみましょう。

快眠する為に欠かせない寝室の照明にもたくさん種類が出てきて人気が出てきています。光と眠りには大きな関係があります。寝起きに日光を浴びると体は自然起きててスッキリと目覚められます。また眠る時も就寝一時間くらい前には暗めの照明に入りかえると体は眠りやすくなります。

寝る前に間接照明に切り替えたり、起きる時間に合わせて優しく弱い光から徐々に明るくなってスッキリと目覚められるように設定できる照明なども売っています。手のひらに絆創膏のように貼るだけで寝ている時の状態を5段階で判定してくれる商品もあります。

これは眠っている時間と時間当たりの精神性発汗を計算して判定してくれるそうです。自分がどれくらい熟睡出来ているのかもわかるので自分の熟睡度を判定するのは興味がありますね。他にも快眠に欠かせない枕や寝具もたくさん売られていますね。

枕などは種類が多くて困ってしまいます。百貨店などでは1人1人に合わせてオーダー枕を作ってくれるところもありますし、快眠、安眠の便利な商品をたくさん取り揃えている専門店などもあります。自分にあった寝具やグッズを利用しより良く快眠しましょう。