睡眠不足が脳に影響する会 » 運動療法で治す

運動療法で治す

今、高齢者の腰痛で多いのが、脊柱管狭窄症です。脊柱管狭窄症は、加齢的などの変化により、腰椎の脊柱管が狭窄を起こし、馬尾や神経根を圧迫します。

それに伴い神経の栄養血管の血流が低下します。そして痺れや痛みなどの症状が出てくるのが脊柱管狭窄症の特徴です。治療方法としては、薬物療法や神経ブロック、ストレッチなどの運動、そして手術となります。

一般的にはまず前半に上げた保存療法を行います。それでも効果が期待出来なかった場合や、脊柱管狭窄症の症状の悪化などによっては、手術になることもあります。

今回は運動やストレッチでの脊柱管狭窄症の改善について考えてみました。脊柱管狭窄症の発生する原因は脊柱管の狭窄で、これによる神経の血流障害がポイントです。

よって、脊柱管狭窄症に対しては、脊柱管を広げることが最も根本的な治療となってくると言えます。これに効果的な改善を促すため、解剖学的や生命力学的に広がるように計画してリハビリのプログラムを作っていかなければなりません。

主に腹筋、殿筋、ハムストリングなどの腰椎屈筋の筋力を高める訓練や背筋、腸腰筋などの腰椎伸筋のストレッチを行うことになります。

いずれにしても、腰椎疾患の運動療法はまずしっかりと病状を把握し、状態を確認することから始まります。これらを正確に行ったのちに、それぞれ患者さんに合ったリハビリ内容を考えて作っていくのです。

更には、経過観察もしっかり行い、途中で内容を見直したり、変更したり追加したりしていかなければなりません。ですから、脊柱管狭窄症の運動療法は、原因の治療に近いため効果にも持続性があると言われています。従って、保存療法の中でも最も重要な治療方法といっても過言ではないのでしょうか。

このようなストレッチ運動の中で効果が高いと言われているのが、中川式腰痛治療法です。脊柱管狭窄症患者を延べ50万人以上救ってきました。中には車椅子生活から生還された方もいます。

もし、脊柱管狭窄症で悩まれているのであれば、中川式腰痛治療法は絶対にお勧めです。ぜひ、一度試されることをお勧めします。